DSCF3171.JPG
1月10日、藤原悦子さんの【風邪や熱のカラダの仕組み、お手当講座】を
開催しました。

内容は、詳しく濃いのですが、それを分かりやすい例えなどでお話下さり、
風邪の時、体の中でどんなことが起こっているのか、
それをわかった上で、どう対処したらいいのか、というのを、
ご自身の経験談を交えながら分かりやすく教えて下さいました。

DSCF3177.JPG

ホワイトボードを抱えて、一生懸命に。

この季節、自分自身に、家族に、早速実践できることを教わって、
本当に良かったです。
ちょっと怪しいな、、な状態の私や子ども達に、早速実践出来ました。

DSCF3173.JPG
医療の現場と自然療法の、両方の経験と知識を持っている方から教わることは、視野を広げ、自分がどれ選ぶか、という選択権と自由を手に入れることができると思うのです。色々と「どうしたらいいんだろう」と迷うことがある中、どこでどんな行動を取るか、その目安とヒントを教えて頂きました。

その中でも、やはり想像力って大事だなぁ、と。
体の中が今、どんな状態か。
これをしたらこうなる、とか、今を深く観察し、想像力を働かせて判断する。
改めてその大切さを学びました。
そして受講者様は、風邪の時、体の中で今はこんなことが起きてるな、
薬を飲んだらこうなるんだな、というのが想像しやすくなったと思います。

来たかったけど来れなかった、という方や、
受講したい、と思われた方は、2月20日にも大阪で受講出来ます。

三日月kanでの講座の悦子さんのブログ(受講者様の感想あり)

講座の詳細や申し込みについての、悦子さんのブログ

これからもこういう学びを深めていきたい。
次の皮膚の講座もとても楽しみです。